非実在超人うさちゃんのむっちり部屋

アイドル動画ランク
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.Ben Sherman
2.国有財産情報公開システム
3.ガサラキ
4.田中れいな
5.KEI
6.セルビア
7.樹脂
8.戦国無双
9.素晴らしきかな人生
10.PHP4

◆JPOPランキング◆
僕んちは教会だった ミュージシャンと牧師の2つの顔を持つ陣内大蔵が、牧師の息子としての普通でない生い立ちのエピソードを綴る。『月刊カドカワ』連載を単行本化。
Human 「遠い街から」を聞きたくて買ったのですが、ハマッタのは「LOVE」でした。
CHAGE曲×青木せいこ詞、という組み合わせは、CHAGEソロ曲やC&A曲ともによく見かけます。

C&Aファンクラブ会報で行われていた作詞教室で見出されたという、作詞家の青木せいこさん。作詞家自身が持っている世界の豊かさもあると思いますが、音で世界を表現するCHAGEの曲を、そのままに(そのまま以上に)理解して言葉で現す感性の鋭さには脱帽・・・

マルチマックスそのものがコラボレーションの楽しさを感じされてくれるユニットでもあり、CHAGEさんたちがやりたかったのはこれだったのか、とファンには嬉しい活動、アルバムです。
またヒョッコリやらないかな、マルチマックス。(笑)


坊っちゃん (SDP Bunko)  中学生の時に読んで以来、ほぼ30年ぶりに読んだ。

 今までずっと、勧善懲悪の痛快な、さわやかな話だと思っていたが、今回、読みながらボロボロ涙が出た。

 両親からも兄からも駄目な奴と言われて育ち、唯一坊っちゃんを褒めてかわいがってくれた清との別れ、再会の所は涙が止まらなかった。

 坊っちゃんの孤独は全編を通じて貫かれている。山嵐も理解者のようにも思えるが、実は本人にその気があったかどうかはさておき、坊っちゃんを利用しただけとも考えられるし、坊っちゃんも協力したと言うよりは、ただ行動を共にしただけで、山嵐にしてみれば坊っちゃんの存在はどうと言うこともないようにも思える。

 漱石自身は坊っちゃんの生き方をどう評価していたのだろうか。果たしてこの無鉄砲な生き方を理想と考えていたのかどうか。

 結局清とは死に別れ、仕事にも就けたとはいえ、結局はあまり魅力的とは思えない仕事に落ち着いて、なんとなく尻すぼみのような、あまり坊ちゃんに肩入れしているようには思えないような話の終え方でもあり、あるいは、漱石自身の生き方を自虐的に、坊っちゃんに重ねていたのかもしれないとも思った。

 中学生が読むにはあまりに深すぎる小説であることには間違いないだろう。いや、読んで悪い事はないとは思うが。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
ギャルランキング

today:020 yesterday:123
TOTAL:1222